藤田加工

FUNCTION機能別

耐食性

  • 亜鉛(Zn)めっき

    • 3価
    • 3価 黒
    • 6価 緑
    • 6価 黒
    • 6価 有色
    • 3価
    • 3価 黒
    • 6価 緑
    • 6価 黒
    • 6価 有色
    < >

    鉄(Fe)の上に防錆目的で行うめっきです。

    通常、亜鉛めっき後にクロメート処理を行います。

    クロメート処理は、3価と6価の処理があり、後者はRoHS規制に対応していません。

    クロメート処理には、次の①から④の効果が得られる。

    ①耐食性の向上 ②亜鉛の白錆の発生を防ぐ ③外観を良くする ④塗料の密着を向上する

    • 3価
    • 3価 黒
    • 6価 緑
    • 6価 黒
    • 6価 有色
    < >
  • ニッケル(Ni)めっき

    • 光沢
    • 無光沢
    • 光沢
    • 無光沢
    < >

    光沢や耐食性、耐熱性に優れている。

    電解ニッケルめっきと無電解ニッケルめっきは、適用範囲が広い。

    • 光沢
    • 無光沢
    < >

耐薬品性

  • ニッケル(Ni)めっき

    • 光沢
    • 無光沢
    • 光沢
    • 無光沢
    < >

    光沢や耐食性、耐熱性に優れている。

    電解ニッケルめっきと無電解ニッケルめっきは、適用範囲が広い。

    • 光沢
    • 無光沢
    < >
  • 無電解ニッケル(Ni)めっき

    • RoHs非対応
    • カニブラック
    • RoHs対応
    • 無電解ニッケルめっき
    • カニブラック
    < >

    ①外観の光沢が良く、変色し難い

    ②皮膜の耐熱性が良い

    ③ニッケルめっきの硬度は、めっきの中でも硬い

    • 無電解ニッケルめっき
    • カニブラック
    < >
  • すず(Sn)めっき

    • 光沢
    • 無光沢
    • 光沢
    • 無光沢
    < >

    すずめっきは、銀白色の美しい色調で耐食性が優れている。

    融点が低くハンダ付けに適しています。また、毒性がなく食器の表面処理にも適しています。

    固体潤滑剤としての効果があり、機械部品の摺動部分にも使用されます。

    電子部品では、ブスバーや端子などに使われ、電装部品の銅合金素材の圧着端子に適しています。

    • 光沢
    • 無光沢
    < >

導電性

  • 銀(Ag)めっき

    • 光沢
    • 無光沢
    • 光沢
    • 無光沢
    < >

    めっきは、美しい白色系で、電気伝導性、熱伝導性も非常に優れています。

    装飾品、洋食器をはじめ、近代では航空機、電子機器部品など工業用にも使用されています。

    また、硬度と低い電気抵抗からEVの充電端子として使用されます。

    銀は硫化・酸化されやすく、変色やマイグレーションが起こりやすいといった欠点があります。

    無光沢のめっき皮膜硬さはHv70~90で硬質めっき皮膜硬さは、Hv100~140くらいになります。

    • 光沢
    • 無光沢
    < >
  • 銅(Cu)めっき

    • 銅めっき
    • 青化銅

    熱や電気を良く伝えるため,用途が広い。

    めっき皮膜は展延性があり、内部応力も小さい。

    付きまわりが良いので、いろいろなものの下地めっきとして行われることが多い。

    • 銅めっき

黒色

  • 亜鉛(Zn)めっき

    • 3価 黒
    • 6価 黒
    • 3価 黒
    • 6価 黒
    < >

    鉄(Fe)の上に防錆目的で行うめっきです。

    通常、亜鉛めっき後にクロメート処理を行います。

    クロメート処理は、3価と6価の処理があり、後者はRoHS規制に対応していません。

    クロメート処理には、次の①から④の効果が得られる。

    ①耐食性の向上 ②亜鉛の白錆の発生を防ぐ ③外観を良くする ④塗料の密着を向上する

    • 3価 黒
    • 6価 黒
    < >
  • ニッケル(Ni)めっき

    • 黒ニッケル
    • 黒ニッケル

    光沢や耐食性、耐熱性に優れている。

    電解ニッケルめっきと無電解ニッケルめっきは、適用範囲が広い。

    • 黒ニッケル
  • アルマイト(ALO)

    • 黒
    < >

    アルミは空気中の酸素と反応して、表面に薄い酸化皮膜を生成させるため、鉄に比べ錆にくい特徴があります。しかし一方で柔らかく傷つきやすいため、環境によって腐食速度が速い場合があります。

    陽極酸化処理は、アルミを電解液中で強制的に酸化皮膜を自然の状態よりも厚く硬い状態に仕上げます。

    また、処理後の表面は、いろいろな無機物、有機物を吸着しカラフルに染色できる。

    ①耐食性の向上 ②耐摩耗性向上(皮膜硬度) ③絶縁性の向上 ④カラーリング

    • 黒
    < >

ハンダ付け

  • すず(Sn)めっき

    • 光沢
    • 無光沢
    • 光沢
    • 無光沢
    < >

    すずめっきは、銀白色の美しい色調で耐食性が優れている。

    融点が低くハンダ付けに適しています。また、毒性がなく食器の表面処理にも適しています。

    固体潤滑剤としての効果があり、機械部品の摺動部分にも使用されます。

    電子部品では、ブスバーや端子などに使われ、電装部品の銅合金素材の圧着端子に適しています。

    • 光沢
    • 無光沢
    < >
  • 無電解ニッケル(Ni)めっき

    • RoHs非対応
    • カニブラック
    • RoHs対応
    • 無電解ニッケルめっき
    • カニブラック
    < >

    ①外観の光沢が良く、変色し難い

    ②皮膜の耐熱性が良い

    ③ニッケルめっきの硬度は、めっきの中でも硬い

    • 無電解ニッケルめっき
    • カニブラック
    < >
  • 銅(Cu)めっき

    • 銅めっき
    • 青化銅

    熱や電気を良く伝えるため,用途が広い。

    めっき皮膜は展延性があり、内部応力も小さい。

    付きまわりが良いので、いろいろなものの下地めっきとして行われることが多い。

    • 銅めっき

摺動生

  • すず(Sn)めっき

    • 光沢
    • 無光沢
    • 光沢
    • 無光沢
    < >

    すずめっきは、銀白色の美しい色調で耐食性が優れている。

    融点が低くハンダ付けに適しています。また、毒性がなく食器の表面処理にも適しています。

    固体潤滑剤としての効果があり、機械部品の摺動部分にも使用されます。

    電子部品では、ブスバーや端子などに使われ、電装部品の銅合金素材の圧着端子に適しています。

    • 光沢
    • 無光沢
    < >
  • 銀(Ag)めっき

    • 光沢
    • 無光沢
    • 光沢
    • 無光沢
    < >

    めっきは、美しい白色系で、電気伝導性、熱伝導性も非常に優れています。

    装飾品、洋食器をはじめ、近代では航空機、電子機器部品など工業用にも使用されています。

    また、硬度と低い電気抵抗からEVの充電端子として使用されます。

    銀は硫化・酸化されやすく、変色やマイグレーションが起こりやすいといった欠点があります。

    無光沢のめっき皮膜硬さはHv70~90で硬質めっき皮膜硬さは、Hv100~140くらいになります。

    • 光沢
    • 無光沢
    < >

Page Top