お問い合わせはこちら
メール

藤田加工

パシベート処理

パシベート処理

パシベート

設備

・引掛け / 最大寸法 600×800×150mm
・小物部品はかご処理にて対応

目的・特徴

・ステンレスに対する不動態化処理です。処理方法はアメリカのMIL規格やASTM規格で詳細に決められています。
・SUS300系の材料は硝酸系、SUS400系の材料は硝酸やクロム酸系の溶液が用いられます。
・めっきのように表面に皮膜を乗せる処理ではなく、ステンレス固有の不動態化膜をより厚くする処理のため、ほとんど寸法の変化はありません。

当社の実績

MIL規格やASTM規格を有しており、防衛部品を中心にご注文を頂いております。

製品一覧

Page Top